Octoverse 2018 (2018年10月時点の統計情報) - 祝日のGitHub利用

hero

この記事は、GitHubの活動、オープンソースコミュニティの動向、さらにGitHubのデータサイエンスチームによる洞察によって作成された2018年のOctoverse(オクトバース)レポートに基づいたシリーズの一部です。

1日の何時か、1週間のどの曜日かなど、開発者がGitHubを使う時間帯には特徴があります。Octoverseレポートでは、世界中のGitHubの活動動向の概要も調べています。異なるタイムゾーンであっても、多くの開発者に共通することは、最も重要な人やプロジェクトのために時間を割いているということです。

GitHubを利用している時間、反対に利用していない時間を調べることで、興味深い結果がわかりました。開発者はオープンソースプロジェクトのために多くの時間を割くと同時に、きちんと休息を取ることも忘れていません。開発者がいつGitHubを利用しているかを調べるため、時間、週、および年単位で集計されたオープンソース、パブリック、プライベートレポジトリから、それらの貢献度を分析しました。

GitHubを使わない時間帯

Breaks during the day

日常的なルーチンについて言うと、世界中の開発者に共通する傾向があります。GitHub上の作業の多くが朝から増加する傾向があり、それぞれの現地時間で11:00頃に最初のピークに達していることがわかりました。その後、GitHub利用は減少しますが、15:00頃に1日のうちで2回目の活動スパイクが発生します。

この2つのスパイクの間に何が起こっているのでしょうか?開発プロジェクトがどのようなものであれ、「ランチブレイク」を取っていることが明らかと言えます。メキシコとアルゼンチンの開発者のランチタイムは米国と比較して遅めという傾向が見られます。一方、中国ではランチタイムに仕事をすることが多いようで、その時間帯におけるリポジトリの変更が顕著に現れました。

リポジトリタイプ別のGitHub利用時間

15:00頃の2回目のスパイク以降は、パブリックリポジトリやオープンソースリポジトリへのコントリビューションが増加します。特に、日本やシンガポールでは寝る直前までオープンソースへのコントリビューションが行われていることがわかりました。

週末になると、開発者は個人的なプロジェクトに時間を費やし、充電とともにリラックスタイムを楽しんでいるようです。土曜日と日曜日は、世界中でGitHub利用が最も静かになる曜日です。そのため平日よりも活動は少なくなりますが、驚いたことにパブリックリポジトリやオープンソースリポジトリでの活動は安定して行われています。

これと比較して、プライベートレポジトリでの活動は、週の中盤に最も大きくなります。パブリックリポジトリやオープンソースリポジトリへのコントリビューションも同じ傾向にあり、最も多くのコントリビューションが発生するのは火曜日と木曜日です。

地域別の祝日におけるGitHub利用

Holidays and breaks during the year by region

この時期、世界中で主要な休日があり、それに合わせてGitHub利用も影響を受けます。GitHubの利用にも季節性があるのです。

世界のどこ住んでいるかに関わらず、1年のうち何度かは、祝日を家族といっしょに祝ったり、仕事を休むなど、休暇を取ることでしょう。

休暇を取る季節だけでなく、学校が休みになる季節も地域ごとに異なり、そのタイミングに合わせてGitHubの利用も変化します。

その中でも、特にGitHub利用が少なくなるタイミングは以下のとおりです。

  • 1月1日:グレゴリオ暦を使用している国では、年末年始は毎年GitHubで最も静かな日です。
  • 1月と2月:旧正月がいつになるかによって、アジア(特に中国)の活動は1月から2月にかけて減少します。
  • 5月1日:約80カ国が勤労感謝を祝う5月の第1週に、活動全体の変化が見られます。
  • 10月と11月:インドのディワリと中国のGWの間で、アジア地域におけるGitHub活動が減少します。また、米国では感謝祭の時期に活動が減少します。

たまには休憩を

過去1年にわたり、GitHubでどのようなコラボレーションがあったのかを見るのことは大変興味深いことです。それと同時に、開発者がきちんと休みを取っていることに安心しています。世界にはさまざまな働き方、さまざまなな祝日がありますが、確実に言えることは、誰もが休みを取るべきです。

今後も、Octoverse(オクトバース)レポートからわかる興味深いデータを本ブログで紹介します。日本語での簡易レポートはこちらから御覧ください。また、2018年度上位プログラミング言語のデータについてはこちらのブログをご覧ください。

Octoverse 2018 (2018年10月時点の統計情報) - 上位プログラミング言語

Top programming languages on GitHub

この記事は、GitHubの活動、オープンソースコミュニティの動向、さらにGitHubのデータサイエンスチームによる洞察によって作成された2018年のOctoverse(オクトバース)レポートに基づいたシリーズの一部です。

GitHubにホスティングされているテクノロジーの中核はプログラミング言語です。今年のOctoverseレポートでは、GitHubで行われているさまざまな開発活動の傾向​​を分析しました。この記事では、なぜ特定の言語が人気なのか、どの地域でその言語が多く利用されているのかについて詳しく説明します。

プログラミング言語の人気を測定する方法は数多くありますが、Octoverseでは主要言語がタグ付けされた公開リポジトリとプライベートレポジトリに対する、ユニークなコントリビュータの数を使用しました。さらに、主要言語がタグ付けされたリポジトリの数も使用しました。

上位プログラミング言語(リポジトリ数)2008年〜2018年

repo

今日、JavaScriptで書かれたリポジトリが最も多く作成されています。過去10年にわたり、リポジトリの数は着実な増加が見られ、2011年以降では安定した増加が見て取れます。この時点で、JavaScriptで書かれたリポジトリは約100万件にのぼり、2009年にリリースされたNode.jsなどの新しいJavaScriptサーバーは、開発者がクライアントとサーバーで同じコードを使用できるようにしました。

上位プログラミング言語(コントリビュータ数)2018年9月30日現在

contributor

コントリビューションが多いパブリックおよびプライベートリポジトリにおいても、JavaScriptは最も頻繁に使われている言語です。この傾向は、世界各地のあらゆる規模の組織に当てはまります。

その一方で、新しい言語も登場しています。 昨年、すべての地域でパブリック、プライベート、オープンソースのリポジトリのトップ10のプログラミング言語としてランクインしたのが、TypeScriptです。また、DefinitelyTypedのようなプロジェクトでは一般的なJavaScriptライブラリをTypeScriptとともに使用できるようサポートしており、TypeScriptの利用が広まっています。

また、いくつかの言語の人気が低下していることも分かりました。 Rubyの利用はここ数年で減少しています。 Rubyでコーディングするコントリビュータの数はまだ増えていますが、JavaScriptやPythonのような他の言語の利用がますます加速しています。新しいプロジェクトにRubyが採用されることはあまりなく、特に個人ユーザーや小規模な組織が所有するプロジェクトではJavaScript、Java、またはPythonが利用されることが多いことは、新たな発見と言えます。

地域別上位プログラミング言語(コントリビュータ数)2018年9月30日現在

geo

過去12ヶ月間を通して、地域に依存する言語の人気には、大きな変化は見られませんでした。しかし、TypeScriptは北アメリカとヨーロッパよりも南米とアフリカで人気のある言語です。これは、アフリカや南米の開発者コミュニティが比較的新しいためだと考えられます。昨年、アフリカおよび南アメリカでコントリビューションが行われたリポジトリは、平均してみると北米とヨーロッパのそれよりも新しいものです。そして恐らく、新しく作ったリポジトリへコントリビューションするユーザーは、新しい技術を使おうとしていることの現れなのかもしれません。

急成長している言語(コントリビュータ数)2018年9月30日現在

fast

PowerShellは、大企業の多くのプロジェクトで使用されており、利用が急成長しています。同様に、大規模な組織でよく利用されるGoはパブリック、プライベートの両方のリポジトリで利用が増加しています。今年のオープンソースリポジトリでの利用は、9位です。Kotlin、TypeScript、およびRustなど、型安全性と相互運用性に重点を置いた静的型付け言語も急速に利用が増えています。

型安全性

Pythonを除いて、静的型付けが増加しています。これは、大規模アプリケーションを開発する際に、個々の開発者やチームに安全で効率的な手段を提供するためだと考えられます。TypeScriptは型を明示的に書かなくてもある程度の安全性を提供してくれますし、Kotlinは特にインタラクティブに型安全なプログラムを書く手段を提供してくれます。

相互運用性

TypeScriptがランキングを上げた理由のひとつは、JavaScriptと共存して統合できるためです。 RustはCとの相互利用性、KotlinはJavaとの相互利用性から、ランキングを上げています。Pythonの汎用性と相互運用性は素晴らしく、たとえば、開発者はPython APIをSwiftから直接呼び出すことができます。

言語の相互運用性は、既存のコミュニティから新しい言語の利用が広がるだけではなく、違うコミュニティと混在しながら発達することが見て取れます。例えば、昨年にはKotlinがAndroidプラットフォーム上で第一サポート言語になっています。

オープンソース

これらの言語はオープンソースプロジェクトでもあり、GitHubで管理されています。 Kotlinのような新しい言語のためにコミュニティが進化し、質問に答え、リソースを作成するからこそ開発者は開発を継続できるのです。

このようなレポートに興味があるようでしたら、Octoverseの他の記事も読んでみてください。データサイエンスチームが分析したより詳細な情報を得るには、GitHubブログをご覧ください。

GitHub Desktop 1.5をリリースしました

GitHub Desktop 1.5を使用して、自信を持ってマージを行ってください。マージのコンフリクトが発生しても、私たちがお手伝いします。

2017年に新しいGitHub Desktopを発表して以来、私たちはコラボレーションの改善に尽力注力し、今日のデスクトップでの作業の基礎を築いてきました。

  • 2018年の初めには、GitHub Desktop 1.2および1.3をリリースしました。これらのリリースでは、ブランチを比較する機能や、デフォルトのブランチにアップデートがある時ときは、その旨を通知をする機能を提供しました。
  • 先月リリースしたGitHub Desktop 1.4では、マージする前にコンフリクトが発生するかどうかをお知らせする機能を提供しました。

今回、今までにないほど完成度が高い、GitHub Desktop 1.5をリリースすることができました。このリリースで、マージにおけるコラボレーションサイクルが完成します。

マージをブランチのドロップダウンから開始し、マージのコンフリクトが発生しないようにガイドするオプションが提供されました。また、マージが完了すると通知される機能も実装されました。さらに、GitHub Desktopへのオンボーディングを改善するための最初のステップとして、リポジトリのドロップダウンから新しいリポジトリを複製して追加するオプションが含まれています。

マージコンフリクトを解決する機能

今回のGitHub Desktopリリースでは、コンフリクトが発生してもユーザー自身が自信を持ってマージすることが可能となります。開発者、特にチーム内の初心者の開発者にとって、マージにおけるコンフリクトは大きな不安となっており、ユーザビリティテストでは、マージの際にコンフリクトが発生すると分かったときに、多くの対象者から悲痛な叫びがよく聞こえてきました。

以前のリリースでは、マージ前にコンフリクトが発生するかどうかを通知することで、不安を軽減していましたが、実際にはユーザー自身で解決する必要がありました。マージを行うとその10%以上がコンフリクトすると言われており、コンフリクトを減らすためのもっと良い方法を模索していました。GitHub Desktop 1.5では、どのファイルにコンフリクトがあるかを通知し、ユーザーが使いたいエディタ上で解決できるように促し、対処する必要があるコンフリクトをリスト化します。その後、すべてが解決されマージする準備ができたらその旨を通知します。

screenshot

GitHubユーザーからの声

過去数か月にわたり、マージに関連する機能をリリースするために多くのユーザーの声を聴いてきました。ギットハブはユーザーからのフィードバックはとても重要であると考えており、今回のリリースもユーザーのフィードバックをもとにして開発した機能が実装されています。GitHub Desktop 1.5では、ブランチのドロップダウンからマージを開始することができ、マージが正常に完了したことを通知する機能を提供します。

また、デスクトップにリポジトリを追加するというコアな機能が分かりづらく、使い方も難しいというフィードバックをもらいました。そこで、リポジトリのドロップダウンからリポジトリを簡単に作成、追加、または複製する機能を追加しました。

これらの新機能は小さいものかもしれませんが、毎日、実際にGitHub Desktopでコーディングしているユーザーの声を聞き、改善することがギットハブのコミットメントであり努めです。ギットハブは定期的にユーザーのインタビューやユーザビリティテストを行っています。もしGitHub Desktopのユーザービリティテストなどに興味がある場合は、こちらから登録してください。

オープンソースのコントリビュータに感謝します

最後に、GitHub Desktop 1.5でリリースされた機能のほぼすべてが、GitHub社員によるものではなく、コミュニティのコントリビュータによって開発されたものとして、初めてのリリースであることをお知らせします。改善されたマージフローは、@JQuinnieと@bruncunのコラボレーションなしには実現できませんでした。今回の新機能実装においては、前回のリリース以降、コミュニティから行われた30件以上ものPull Requestがマージされました。

オープンソースプロダクトであるGitHub Desktopを育ててきたコミュニティには、いつも驚かされています。9月および10月にはコミュニティからのPull Requestが前月よりも多く集まり、その勢いは留まるところを知りません。GitHub Desktopの改良のために協力していただいたコミュニティのみなさんに感謝します。そして、いっしょに素晴らしいものを作るためのインスピレーションがあるなら、ぜひGitHub Desktopのオープンソースプロジェクトに参加してみてください。

リポジトリ数が1億件に達しました!

hero image

2018年11月8日米国時間、GitHubは1億件のリポジトリという、大きなマイルストーンを達成しました。大きなコミュニティの力なくして、このようなマイルストーンは達成できませんでした。世界中のほぼすべての国や地域にいる、3,100万人の開発者が互いに協力することで11億件ものコントリビューションを行っています。

リポジトリは単にコードを保存する場所だけではなく、アイデア、実験、好奇心、インスピレーションが生まれる場所でもあります。このマイルストーンを祝うとともに、何百万人もの人が一緒に仕事をした結果としての開発環境におけるトレンドや功績を、The State of the Octoverse 2018(2018年10月時点の統計情報)を見ながら振り返ってみましょう。 Octoverse 2018のテーマは、11億にのぼるコントリビューションと、かつてないほど多くのプロジェクト全体で成し遂げられたコラボレーションです。

Octoverseの注目すべきハイライトを以下に日本語で紹介します。レポートの全文はこちら(英語)で確認できます。本レポートは2017年10月1日から2018年9月30日までの統計情報です。

3,100万人以上の開発者

GitHub上で構築を行っている開発者は3,100万人を超えており、そのほとんど (80%) は、米国外からのアクセスです。実際のところ、GitHubコミュニティには世界中のほぼすべての国と地域の人々が参加しており、現在も成長を続けています。 昨年は、800万人以上の開発者が新たにGitHubを利用し始めました。2018年の現時点までに新しく追加されたアカウント数は、GitHubの最初の6年間の合計数を上回っています。そして、そのペースが落ちる兆しは現在もありません。2018年には、ユニークコントリビューターの数が2017年よりも1.6倍増えています。日本は7番目にコントリビューションが多い国です。

contributioncountry

210万を超える組織

GitHubを利用している組織は、パブリックリポジトリとプライベートリポジトリ全体で210万を超え、2017年から40%以上増加しています。また今年、GitHub上の組織アカウントの数は、特に中東と東南アジア全域で、昨年より急増しています。

リポジトリ数が1億件に達しました!

2008年には約33,000件のリポジトリしか存在していませんでした。今日では、平均して毎秒1.6件のリポジトリが作成されています。また、現在GitHub上に存在するリポジトリの3分の1近くが、昨年だけで作成されたことがわかっています。多くの開発者がGitHub上でコードをホスト、ビルド、共有していることの表れでしょう。

過去10年にわたり、インパクトのあるプロジェクトがGitHub上で作成され、成長してきたのは喜ばしいことです。Railsは、そのプラットフォームがまだ公開されていない時点でGitとGitHubに移行しました。Node.jsは2009年にGitHubでローンチされました。他にも、GitHub上ではSwift、.NET、およびPythonなどもホストされるようになりました。何千人ものコントリビューターによってサポートされているこれらのプロジェクトは、開発ツールがどのように進化し、コミュニティに貢献しているかを表しています。

今年は、個人や大規模な組織が数多くのプロジェクトを開始しました。Definitely TypedGodotKubernetesPyTorchなどのプロジェクトは、急成長しているプロジェクトです。

上位オープンソースプロジェクト

上位に入っているプロジェクトを見ると、コード編集、自動化、コンテナ化、文書化などを駆使して「ソフトウェア開発を容易にする」というテーマ性が見えてきます。

TopOpensourceProject

急成長しているオープンソースプロジェクト

昨年は、機械学習、ゲーム、3D印刷、ホームオートメーション、データ分析、およびフルスタックJavaScript開発に関連するプロジェクトが成長していることがわかりました。

FastestTopOpensourceProject

人気のあるリポジトリトピック

今年も多くのオープンソースのリポジトリが作成され、それらトピックは数千件にも及んでいますが、以下が最もコントリビューションが多かったリポジトリです。

PopularRepoTopics

過去12ヶ月間において、フロントエンドおよびバックエンドのJavaScriptに関わるトピック、機械学習、モバイルアプリケーション開発、コンテナ化は、オープンソースソフトウェアの大きな傾向であったと言えます。 2017年には、「ゲーム」、「ディープラーニング」、「ライブラリ」などのトピックもトレンドとなっていました。

リポジトリが作成される国

GitHubは、特定の問題を解決しようとする少数の開発者によって始まりました。しかし今や、グローバルなオープンソースコミュニティの本拠地です。また、米国外のオープンソースに対するコントリビューションの割合は毎年増加を続けています。

RepoCreatedCountries

世界のどこよりも多くのリポジトリがアジアからのユーザーによって作成されています。また、中央アジア、中東、アフリカからのユーザーによるリポジトリ作成は目覚ましいものがあります。先進国からのリポジトリの増加もありますが、新しいテクノロジーコミュニティが成長し、新しい技術がよりアクセスしやすくなるにつれて、新興国でも同様の傾向が見られています。

エジプトの開発者は、2倍のパブリックおよびプライベートリポジトリを作成しました。ナイジェリアでは、開発者コミュニティの増加に伴い、2017年に比べて1.7倍多くのオープンソースリポジトリが作成されました。

リポジトリが急ピッチで作成されている国(2018年9月30日現在)

Top5RepoCreatedCountries

オープンソースリポジトリが急ピッチで作成されている国(2018年9月30日現在)

Top5RepoCreatedCountriesOSS

2億件を超えるPull Request

GitHubでは、2010年にPull Requests 2.0の提供を開始しました。以降、GitHubコミュニティで2億件を超えるPull Requestが開かれており、その3分の1強はこの1年間に開かれたものです。2億件目のプルリクエストは、VueのセマンティックコンポーネントフレームワークであるVuetifyにマージされました。

500万件を超える脆弱性アラート

2017年11月にセキュリティアラートの提供を開始して以降、開発チームが関係するオープンソースプロジェクト全体で、500万件を超える脆弱性アラートが通知されました。そのうち、80万件以上が解決済みです。

エコシステム全体でアプリのインストールが2倍に増加

GitHubにアプリをインストールしたことがあるユーザーの数が、この1年間で倍増しました。さらに興味深いことに、組織のメンバーがGitHub上でアプリを使用していると、その実質的な貢献は2倍以上積極的になっています。

その他の情報

ここまで、GitHubコミュニティがどれほど成長したかをお伝えしましたが、この他にもデータ分析から数多くの発見がありました。ここで、いくつかご紹介しましょう。

  • JavaScriptはパブリックとプライベートのリポジトリ、あらゆる規模の組織、世界のあらゆる地域において最も人気のある言語です。
  • TypeScriptは、昨年初めて初めてトップ10に入った後、今年は7位にまで上昇しました。

popularlang

  • Kotlin、TypeScript、およびRustは今年急成長しています。また、DevOpsで使われるHCLの利用は2017年以来2倍以上になりました。機械学習プロジェクトで人気があるPythonは#8です。Goも、今年は昨年よりも1.5倍に増えています。

growinglang

  • Rubyのコントリビューターは、他のプログラミング言語のコントリビューターよりも、IssueやPull Requestのコメントにリアクションを多用しています。
  • チェコ共和国のオープンソースコントリビューターは、特に「チャット好き」です。
  • 世界中の開発者がそれぞれ休暇を取りますが、GitHubが最も静かになるのは元日 (1月1日) 前後です。
  • オープンソースのコミュニティは、コントリビューションの時間を設けていて、コントリビューターは夜遅くまでOSリポジトリで作業しています。

Thank you

GitHubサービス開始から10年が経ち、リポジトリ数も1億件に達成した今日においても、GitHubはまだスタートラインに立ったばかりだと感じています。みなさん協力のもと、単一のリポジトリやプロジェクトでは達成できない、とても大きな未来を開発していると感じています。GitHubは、ソフトウェアを目に見える形で革新させるコミュニティです。

今まで、そして今後も、GitHubとともにソフトウェアを開発していただけることに感謝します。そして、次の1億件のリポジトリで一緒に開発するものを楽しみにしています。

Pull Requestのマージが成功しました。これから私達が開発する未来にご期待ください。

hero

2018年10月26日(米国時間)、MicrosoftによるGitHubの買収が完了したことをお伝えします。:tada: 月曜日はCEOとしての私の最初の日です。何百万人もの人々が毎日GitHubに頼っています。私はこの会社を率いることができて光栄です。 6月に買収を発表したとき、私はGitHubの2つの原則を発表しました。ここに、もう一度掲載したいと思います。

  • GitHubは、コミュニティ、プラットフォーム、ビジネスとして独立して運営されます。これは、GitHubがデベロッパー・ファーストを考え、独創的な精神、そしてオープンな拡張性を保持することを意味します。私たちは常に、開発者が任意の言語、ライセンス、ツール、プラットフォーム、またはクラウドを選択できるようサポートします。
  • GitHubは今までと同じ製品の開発理念を保持します。私たちは、開発者のことを第一に考えサービス提供を行っているGitHubは、すばらしい製品だと考えています。私はこのことを理解し、尊重し、今後も開発者に愛される、クールで洗練されたツールを引き続き構築することを約束します。

私の仕事はみなさん開発者のためにGitHubをより良くすることです。

私はメンテナからスタートアップ、大企業に至るまで、この数ヶ月で数百人の開発者と会い、この日に備えました。 そして、すでに優れている分野でも、これから改善を必要する分野においても、みなさんのGitHubへの情熱や期待は大きいことを理解しました。私はこれらの対話からたくさんのことを学びました。そして、GitHubが何をすべきかはみなさんの声を聞くことが重要であることを再認識しました。

これからのGitHubについて、以下の3つを重要事項として考えています。

  • GitHubがコミュニティとチームを運営行える生産的最良の場所であることを保証する
  • 世界中のもっと多くの開発者がGitHubにアクセスできるようにする
  • 信頼性、セキュリティ、およびパフォーマンスを担保する

まず最初に、GitHubの日々のUXを改善することに焦点を当て、ペーパーカットプロジェクトに関するリソースを増やします。検索、通知、Issue、プロジェクト、モバイルエクスペリエンスなどのコアシナリオを改善します。もちろん、GitHub Actionsをさらに拡張します。

私たちはコミュニティの力を信じています。他の開発者と協力し合うことで、より多くのものを達成することができます。世界最大の開発者コミュニティであるGitHubでは3,100万人以上の開発者が共に創造し、協力し、共有し、構築します。

私たちのビジョンは、すべての開発者がすばらしいソフトウェアを開発できる場所を提供することです。これはGitHubの私たち全員にとって夢の機会であり、GitHubの新しい時代を築くことを楽しみにしています。

Newer

Changelog

Subscribe

Discover new ways to build better

Try Marketplace apps free for 14 days

Learn more