Back to GitHub.com GitHub Support Contact GitHub

Meet Nahi: Developer and Ruby Contributor

To highlight the people behind projects we admire, we bring you the GitHub Developer Profile blog series.

Hiroshi “Nahi” Nakamura

Hiroshi “Nahi” Nakamura, currently a Site Reliability Engineer (SRE) and Software Engineer at Treasure Data, is a familiar face in Ruby circles. Over the last 25 years, he has not only grown his own career but also supports developers all over the world as a Ruby code contributor. We spoke to Nahi about his work with Ruby and open source, as well as his inspiration for getting started as a developer.

You’ll notice this interview is shared in both Japanese (which the interview was conducted in) and English—despite our linguistic differences, open source connects people from all corners of the globe.

Aki: 簡単に自己紹介をお願いします。中村浩士さんというのは、どんな方で、何をなさっている方でしょうか?

Nahi: 1999年にRubyと出会って以来のOSS開発者で、CRuby、JRubyのコミッタです。 現在勤めているTreasure Data Inc.という会社では、SRE兼ソフトウェアエンジニアをやっています。

Aki: 今までどのくらいの期間に渡ってソフトウエアの開発を行ってこられたのでしょうか?

Nahi: 初めてBasicでプログラムを書き始めたのは12才の頃でした。大学在学中に日本のシステム開発会社でアルバイトを始め、以後様々な会社、プロジェクトで25年ほど、ソフトウェア開発に携わっています。

Aki: ソフトウエア開発を始められた当初、どなたを尊敬されていたか教えて頂けますか?

Nahi: 大学で在籍していた研究室には素晴らしい先輩がたくさんいて、PerlやCommon Lispなどのプログラミング言語にも(もちろん!)ソースコードがあり、自分で自由に拡張できることを教えてくれました。

はじめて拡張したのはPerl(version 4.018)で、ある文字列処理の高速化だったと思います。Perlで動く各種プログラムすべてがよい影響を受け、小さいながらも、素晴らしい達成感を得られました。

その頃から、このような機会を与えてくれた、Perl作者のLarry Wallさんを尊敬しています。

Aki: ソフトウエア開発の世界に入って行かれた頃のお話をお聞かせ頂けますか?(最初に使ったコンピューター、最初に参画されたプロジェクト、最初に書いたプログラム等)

Nahi: ソフトウェアエンジニアとして働き始めてしばらくして、Rubyに出会いました。それまでは、C、C++、SQLなどで仕事用のソフトウェアを書き、Perlで自分向けの開発支援ツールを書いていました。

オブジェクト指向のなんたるかもよくわからず、勉強がてらそれらツールを移植していき、またRubyコミュニティの流儀にしたがって配布し始めました。その頃はRubyコミュニティも小さく、私のような新参者でも、Rubyコミュニティにいた素晴らしい開発者たちに触れ合える機会が多くあり、Rubyを通じ、ソフトウェア開発のいろいろなことを学びました。

最初にOSS(その頃はfree softwareと呼んでいました)として配布したRubyのプログラムは、ログ取得ライブラリです。今でもRubyでrequire ‘logger’すると、いつでも昔の恥ずかしいコードを思い出すことができます。今Rubyと共に配布されているものは、いろいろなプラットフォーム、いろいろな用途の元で叩かれて、立派に成長しており、その頃の面影はもうありません。

Aki: ソフトウエア開発を始められた当初、お使いになっていたリソースがどのようなものだったか教えて頂けますか?

Nahi: SQL、Common Lisp、C、なんでもviとemacsで書いていました。ソフトウェア開発者のツールベルトに入れる道具として、どこでも動き、変更がし易いPerlは大変重宝しました。

Aki: ソフトウエア開発の世界に入ったばかりの方に、どのようなアドバイスを差し上げますか?

Nahi: ソフトウェア開発者としての私は、よい技術者がたくさん居るOSSコミュニティに参加し、彼らの切磋琢磨に参加することと、そこで得た経験を業務で試した経験により作られたと思っています。 でも、私がRubyと出会った頃とは違い、今はそのようなコミュニティがたくさんありますし、それを業務に活かすチャンスもたくさんありますね。私ができるアドバイスはほとんどありません。みなさんがよい技術者とたくさん知り合えることを祈っています。

Aki: もしソフトウエア開発に関して現在お持ちの知識を全て忘れて、今日からプログラミングを学ぶこととなった場合、どのプログラミング言語を選びますか?またその理由を教えて頂けますか?

Nahi: RubyかPythonを選びます。もし現在の知識が残っていればPythonですね。薄い皮の下に、OSやネットワークがすぐに見えるような言語をまた選びたいと思います。

Aki: Rubyのコアコントリビュートチームの一員として、(コミュニティーに)大きなインパクトを与えてこられましたが、具体的にどのような形/きっかけで(Rubyコミュニティーへの貢献を)始められたか教えて頂けますか?

Nahi: 初めてOSSで公開して以後、業務で使うために作ったRubyのライブラリをいくつか公開していきました。network proxy、csv、logger、soap、httpclientなど。Ruby 1.8の時、MatzがRubyを広めるために、標準添付ライブラリを拡充する方針を立てました。インストールすれば、追加ライブラリなしに一通りのことができるようにしよう、というわけです。その際に、私の作っていたライブラリもいくつか候補に選ばれ、以後主に、標準ライブラリのメンテナンスをするようになりました。標準添付ライブラリ拡充方針は、私が経験を積むことが出来たという点で、大変よい偶然でした。

Aki: Rubyの新たなコントリビューターの方にとって、(Rubyコミュニティーの開発)プロセスに関し、どのような部分が最も驚きのある部分とお考えになりますか?

Nahi: 正直に言うと、この数年はRubyそのものへのコントリビュートを行えていないので、具体的な開発プロセス詳細については把握していません。が、明らかに、プロセスがあるように見えないのが、一番驚きのある部分だと思います。

実際には、開発の方向性決定、リリースの決定については、一部のコアなコントリビュータが相談しつつ行っていて、Rubyそのものへのコントリビュートは、最終的には彼/彼女らに対する提案、要望となる必要があります。でもそれは、どのコミュニティでも同じですね。文書化の文化がない分、提案もわりとルーズで構わないのは特徴かもしれません。

Aki: お尋ねしなくてはならないことなのですが。。今までRubyの開発を行ってこられたなかで、(中村さんが)お受けになった最も興味深い/面白いPull Requestはどのようなものでしょうか?

Nahi: “Pull request”という名前ではありませんが、印象深いものはたくさんあります。Ruby実行エンジンの差し替え、正規表現ライブラリの置き換え、標準ライブラリのgem化など。私個人に関するものとしては、自身の作ったcsvライブラリを、別の高速ライブラリで置き換えたい、というリクエストが一番印象深いものでした。冷静に考えて正しいリクエストでしたが、適切な判断をするために、いちいち時間がかかりました。

Aki: Open Sourceに関する活動とは別に、フルタイムのソフトウエア開発者としてご勤務されていますが、Open Sourceコミュニティへの参加は職場における(日々の)意思決定にどのような影響を与えていますか?

Nahi: 現在所属している会社は、Open Sourceへの積極的な関与をビジネスの柱の一つとしていることもあり、特に意識せずとも、私および各エンジニアの意思決定に影響を与えています。ビジネスのため、何か新しい物を開発する時、既存のOpen Sourceソフトウェア、またOSSコミュニティの調査なしに作り始めることはありません。可能な限り、用途が重複するものは作りません。しかしそうと信じれば、用途が同じでも、あるべき姿のものを作ります。そしてそれは、Open Sourceとして世の中に還元し、競争していきます。そのような中で得られる、また提供できる経験、知見は、ソフトウェア開発の血液のようなものです。

唐突ですが、1年半前に現在の会社に来る前までは、15年ほど、エンタープライズITの世界で、主にテクニカルアーキテクトとして数十のシステム開発プロジェクトをリードしていました。その頃は、会社ではなく個人でOSS活動を行っていました。

Aki: Tell us about your view on where the enterprise IT world is lagging behind. How do you see the open source developer community making a contribution to change that?

エンタープライズITの世界がどのような点で(Open Source等の世界)から遅れているとお考えになるか教えて頂けますか?Open Sourceコミュニティーのソフトウエア開発者の方々が、(エンタープライズITの状況を)変革させることに、どのような貢献ができるとお考えになっているか教えて頂けますか?

Nahi: エンタープライズITの世界では、ビジネスの複雑さと変更可能性をcontrolするため、予測可能な未来を作ろうとしていました。しかし今では、1年、2年後を予測するのは困難です。この予測できないことの影響は、無視できないほど大きくなっています。私は幸いにも、各種プロジェクトをリードする機会を与えられました。その時に役立ったのは、Open Sourceコミュニティとの関わりの中で得られた経験、知見でした。

正直に言うと、現在Open Sourceコミュニティに参加している開発者は、エンタープライズITの世界に、既に様々な貢献をされていると思います。私もその恩恵を受けた一人です。 ソフトウェア開発の血液を循環させるためには、エンタープライズITの世界に居る開発者が、もっとOpen Sourceコミュニティに参加できるようにならないといけません。しいて言えば、そのような環境を整えること、理解を示すこと、などは、更なる貢献として考えられることかもしれません。

To learn more about Nahi’s contributions to Ruby, visit his GitHub profile page here. You can also learn more about Ruby itself by visiting their homepage.

Have feedback on this post? Let @github know on Twitter.
Need help or found a bug? Contact us.

Subscribe

Discover new ways to build better

Try Marketplace apps free for 14 days

Learn more